不妊治療 助成金 申請もれ

不妊治療の助成金、申請するのが漏れてた、忘れていた!そんな時どうなるの?助成金のことを知らずに、1回目の助成金申請をしてなかった場合について。
MENU

不妊治療 助成金を後から知った場合・・・

 

3回目の不妊治療にチャレンジ!

 

治療が終了して、不妊治療の助成金申請をしようとした際、

 

「あっ!そういえば半年前にやった不妊治療の申請ってしてない!!」
「助成金の対象外だと思ってた!!」

 

 

「今からでも、1回目の不妊治療の助成金もらえないかな〜・・・?」

 

 

後から助成金の存在を知ったり、実は支給対象だと知ってしまい、
今からでも何とかできない?!!

 

・・・って、思う方が結構いるようです^^;

 

 

残念ですが、不妊治療の助成金は過去にさかのぼって申請することはできないんです。
医療費控除などですと、過去5年にさかのぼって申請できるんですけどね。

 

 

しかし、もしあなたが「まだ2回目の助成金申請をしていない」時に、
1回目の助成金申請もれに気づいたならチャンスはあります。

 

 

平成29年4月1日から平成29年12月31日までに治療が終了した場合、

 

「治療終了後、平成30年3月31日までに申請すること」

 

と、されています。

 

 

 

そのため、例えば平成29年4月末に1回目の不妊治療が終了して、
2回目の治療が9月末になった場合。

 

まだ2回目の申請をする前ならば、1回目の申請を先にすることで初回の助成金を受けることができるんですね。

 

 

もし2回目の申請が完了してしまっている場合は、残念ながら1回目の助成金を受けることはできません。
(治療終了ごとに承認されるため、日付をさかのぼることはできないんです)

 

 

その場合は残念ながら裏ワザはないため、潔くあきらめましょう。

 

 

 

 

妊娠前から摂らなきゃいけない「葉酸」

 

今では母子手帳にも記載されている「葉酸」。
実は、妊娠前から取り始める必要があるのって知ってましたか?

 

 

葉酸をしっかり摂っていないと、産まれてくる赤ちゃんが障害を持つ可能性が高くなることが研究で分かりました
さらに、葉酸は流産を防止し、受精卵が子宮内膜への着床を助けてくれるんです。

 

 

しかし、食品からは厚生労働省が推奨している妊娠時の必要量440μgを摂るのはとっても大変。

 

そこで、厚生労働省でもすすめているのが「葉酸サプリメント」です。

 

もしあなたが
・少しでも妊娠力を高めたい
・障害をもって産まれるリスクを下げたい
そう思うなら、葉酸サプリを試してみてくださいね。

 

>>市役所でも推奨!高評価な葉酸サプリメントの詳細へ

このページの先頭へ